​不用品回収のカラクリ

当社独自のサービスとして好評いただいている、『見積もり立ち合い・料金交渉』を何十件と行なった経験を元にこのページを作成しました。

『1Rの回収なら軽トラ積み放題プラン 18,000円!』

『広めのお部屋なら1.5t車積み放題プラン 39,800円!』

『一軒家丸ごとなら2t車積み放題プラン 49,800円!』

​不用品回収業者のHPを見ると、上記のような内容が目に飛び込んできます。いかにも大量の荷物を積んでくれそうな文言ですが、実際はほとんど違いがないレベルの積載量です。

5f758fcea022a1081_l.jpg

​1.5t平ボディタイプのトラック

ほとんどの業者は1.5tか2tの平ボディと呼ばれるトラックで回収に来ます。
​※理由は後ほどお伝えします。

​定番の3プランの積載量

​※運転席側から黄色の線までが積載ラインで、高さは小さめのタンスを横にした程度(40cm)

『1Rの回収なら軽トラ積み放題プラン 18,000円!』

5f758fcea022a1081_l.jpg

​45リットルゴミ袋換算で12袋相当 (0.8㎥)

『広めのお部屋なら1.5t車積み放題プラン 39,800円!』

5f758fcea022a1081_l.jpg

​45リットルゴミ袋換算で24袋相当 (1.6㎥)

『一軒家丸ごとなら2t車積み放題プラン 49,800円!』

5f758fcea022a1081_l.jpg

​45リットルゴミ袋換算で30袋相当 (2㎥)

​当社の軽バン積み放題 9,900円

img1.jpg

​45リットルゴミ袋換算で36袋相当 (2.4㎥)

​回収不可・追加費用が発生する物もありますが、積載量は他社の軽トラ積み放題の約3倍で、料金は半額となっています。
​※詳細はメインページをご覧ください。

​画像を見ていただけば一目瞭然ですが、積み放題=トラック一台ではありません。
一軒家の不用品はまずトラック1台では収まりませんし、50,000円程度で回収したら大赤字です。
​この価格帯で掲載しているほとんどの業者はこの積載量です(電話口では一切説明はありません。トラック一台分だと思わせるようなトークを展開するか、濁して話を進めようとします)

​トラック一台分の回収費用相場は約20万円オーバー!

5f758fcea022a1081_l.jpg

​ほとんどの業者は木製の板を立てて高さを出しています。青線部分まで荷物を積んだ場合の料金は業者によって様々ですが、15万円~30万円ほどになります。

49,800円×6段分(2トン車積み放題×6セット/上に同じ体積を積み上げていくイメージ)=298,000円という図式ですが、実際は4段分ほどの体積しかありません。

​※電話では料金について一切触れず、現地で言葉巧みに料金を吊り上げます。

​※広告費がかなり高額になるため、記載の金額では赤字になる業者が多いことが原因の一つです(電話が一本なるまでにかかる費用が1万円~2万円)
​人件費や処分費を考慮し、利益を出すためには2~3倍の金額が必要になってくるため、現地作業員があの手この手を使って料金を上乗せしようとしてきます。

​※上記のような理由で、作業員の給料はあまり良くありません。そこで営業職と同じく、売り上げに応じたインセンティブが設けられており、売り上げた金額の数%が給料に上乗せされていく仕組みとなっているため、このような悪質な行為を引き起こす原因となっています。

​こんな業者は要注意!

①​積載量についての記載がない(×軽トラ積み放題 〇2㎥まで積み放題/画像での説明がある)

​②電話で料金を確定しない(×一度見させてください ×軽トラパックでほぼ問題ないですよ ×細かい料金調整が可能です)

​➂追加料金についての記載がない(物によっては処分費が高額になるものもあります。回収不可や別途費用品目の記載がないと、後から高額の追加料金を請求される場合があります)

​④見積書を出さない(現地見積もりに来て見積もり書を渡してこない業者は論外です。口頭で言われた金額で済むことはまずありません)

​上記のような業者に騙されないためには

​①必ず口コミを確認する(会社名で検索すると、悪質な業者であればすぐに悪い口コミが引っかかってきます)

​②回収希望品の詳細をしっかりと伝える(年式・サイズ等)

​➂当日値段が変わることはないか念を押し、そういったことがあればキャンセルする旨を伝える(会話の内容は必ず録音する)

​④必ず2社以上に電話もしくは見積もりを依頼する(見積もり書をもらうことで、当日の料金トラブルを回避できる)

不用品回収は不透明な部分が多く、トラブル報告が後を絶ちません。当社のホームページをご覧いただいた方の少しでもお役に立てればと思い、このページを作成しました。参考になれば幸いです。